堂浦・谷井渡船さん(鳴門)でチヌ釣り

お馴染みの谷井渡船さんでは今年初となるチヌ釣りに行ってきました。
他の渡船屋さんのサイトを見てると今年はよさ気。

スポンサーリンク

やっぱ堂浦のチヌはアタリが小さいぞ!の巻

すっかり慣れた車中泊を今回も。淡路島南PAで。
道の駅と違ってトラック多い→アイドリングして寝てる→エンジン音うるさい + 蒸し暑い であんまし寝られませんでした。次は耳栓の用意必須ですわ。

アタリは小さい!

ボーズ脱出!

餌はいつもの岡豊釣具店さんで、活きサナギミンチ激荒、メガミックスチヌ。堂浦はベースダンゴ不要なのが楽です。渡船屋さん用意の山土を使いますんでね。

揚げてもらったのは11番の屋形。潮の流れの早いエリアです。水深は10メートルぐらい。

ここ数年、堂浦ではボーズだったスイカさんがいつになく好調。
おニューのSeihakou60SPレッドのお陰?潮が緩んだ時間帯に連発でチヌゲット。

お土産。チヌは漬けにするよ。

30オーバーのみ、お土産に。チヌは漬けにするとまったりとして美味。真鯛の身は甘くてもう・・

でもやっぱり潮が早くなりすぎると、うまくアタリをとれなくなって沈黙の堂浦。

帰りしに、港で常連さんと立ち話です。「オモリは1.5号まで使うんぞ」とレクチャーしてもらいました。次挑戦しますよー

さらに、カセでなんと45センチの化け物ヘダイを釣り上げておられました。
そしておみやげに下さいました(^^)

こういった常連さんとの親交があるのも、イカダ釣りの楽しいところですね。

胃袋はイ貝?らしき貝殻でいっぱいでした。ヒット餌は「活きサナギミンチ激荒」のサナギのカケラだったそうですが。それにしても、こんな化け物がいるなんて、堂浦、夢があるやないですか。刺し身にして旨かったんです!写真取るのを忘れちゃったのが痛恨。

電車2枚、スイカさん3枚(うちキビレ2枚)。33センチが最大。アタリ餌は全部オキアミ。シラサエビ持っていったのに完全空振り!用意面倒なのに・・・(^_^;)

ゲストは、チャリコ、ボラ、フグ、キス。今年はまだカワハギが湧いてないからやりやすいですよ。

谷井さん、また行きまーす♪

あたりは小さいぞ。

アタリは小さいぞ。

2015年 夫婦チヌ釣り対決スコア

電車:3枚(今回2)。スイカさん:3枚(今回3)。現在ドロー。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする