【竿ときたら】引きこもりがネット通販で釣具を揃えてチヌ(黒鯛)が釣れるか【リール】

ちゃんと3記事目になりました、この空想企画。「引きこもりがネット通販で釣具を揃えてチヌが釣れるか」。
前回は、架空引きこもりのH君は、竿「ADVANCE IKADA[アドバンス イカダ]」を手に入れたことになっています。竿とくれば次はリールですわね。

それではささっといってみましょう。

スポンサーリンク

竿とくればリール!の巻

弘法は筆を選ばず?この竿(2,800円)とリール(980円)でチヌを釣ってから言うがよい。

シマノのサイトでは、2017年1月現在、10種類の黒鯛用リールがラインナップされています。そのうち、鱗夕彩シリーズは落とし込み用のリールなので除外して、「両軸・片軸(軸を支える方式の違い)」で分類しますと

片軸リール(一般的には中・小型魚向けと言われている)

  • セイハコウ リミテッド RC83(68,300円)
  • セイハコウ60SP(47,300円)
  • KAIEI60(35,000円)
  • セイハコウ60(31,500円)

両軸リール(大型魚向けと言われている)

  • チヌマチックSP(28,000円)
  • チヌマチックXT(16,900)
  • チヌマチック(10,000円)
  • チタノス チヌスペシャル(4,800円)
  • クラブ デミ(3,500円)

の9モデルになります。

シマノ黒鯛両軸リールのフラッグシップモデル、チヌマチックSP。懐かしい。

Hくんが買うのは・・・

決めました。「チヌマチック(記号なし)」です。
実は釣りの師匠に薦められて僕が一番最初に買ったかかり釣り用のリールが、このチヌマチックでした。実売7,000円前後で、耐久性も良く、特に何の不満もない、いいリールです。もはやスタメンではありませんが、まだ家の釣具入れに健在です。

お古のチヌマチックで激闘中のスイカさん。もう10年近く前の堂浦。

厳密に言うと、それ以前に「クラブ デミ」をそれとは知らずガシラ穴釣り用のリールに使っていたんですが・・・「クラブ デミ」はチヌ釣り用には不便です。やむにやまれぬ事情(この記事)で似たようなリールを使ったんですが、話になりませんでした。><

じゃあ「チタノス チヌスペシャル」はどうかというと、持ちての木製パーツがおっさん臭く見えてちょっと、という感じです。Hくんがおっさん趣味ならいいのかもしれません。

実際のレポート的なやつ

ワタクシ電車のシマノ製リールの遍歴はですね。古い順に

  1. チヌマチック
  2. チヌマチックSP
  3. セイハコウ60SP(発売直後購入。発表から大分待たされました笑)
  4. セイハコウ60SP

です。なぜ セイハコウ60SP が2回出てきているか?ということはこの記事を読んでいただければご理解いただけます。次、竿を買い換えるときがあれば竿のデザインに合わせるべく「セイハコウ リミテッド RC83」にしちゃうかもしれません。

セイハコウ60SPを買ってからしばらくして、チヌマチックSPはヤフオクで売り飛ばしちゃいました。ではなぜセイハコウ60SPに乗り換えたのか?

それは、ホームコートの徳島は鳴門・堂浦は激流で、片軸リールの操作性の良さ(潮に乗せやすさ)が相性抜群だからです。

美しい深いブルー。セイハコウ60SP。

いくら両軸リールは大物に対応できる、と言ったって、それって、片軸リールで取り込めないような大物をヒットさせてリールをぶっ飛ばされてから初めて考えればいいんじゃないかなーっと思います。チヌ釣りでは。

セイハコウ60SPはすごくキレイで、操作性もよく、使っていて楽しいリールです。どなたかのブログで、60SPは黒鯛工房のリールと比べてすぐに中のギアが錆びた、みたいなのを読んだことがあります。でも僕は数年つかっていますが、そういったことにはなっていません。

ウチはもともと僕が発売直後にすぐに買って、その後、釣果の差に焦りを感じたスイカさんが買いました。それまでお古の「チヌマチック」で戦っていたスイカさんですが、60SPに変えてから釣果が変わりました(笑)よかったね。

赤のセイハコウ60SPで木っ端グレゲット。

青色が好きで セイハコウ/60SP を狙う人へ。

竿のときと同じ展開(笑)。青色が好きな人。竿に「Seihakou AX」をチョイスした人が
悩むのが セイハコウ60SPセイハコウ(末尾記号なし)、のどっちにしようか、ということだと思います。値段の差、約10,000円。

末尾記号なしの方には、ドラグ(魚の引っ張りを吸収する機構)がついていません。
何度か別のドラグなしのリールを使ったことがありますが、親指で魚の引っ張りに耐えないといけませんので、かなりハードです。特にボラ。値段は少し安いですが、これは上級者向け仕様と考えてもらったほうがいいでしょう。

10,000円ぐらいの差ですが、魚さんとやり取りするたびに毎回直面する話になりますから、ここはおとなしく60SPにしましょう。

今回紹介したアイテムは。

こちらにアフィリエイトリンクをちゃっかりと張っておきますね。

現在の引きこもりくんの装備

竿:シマノ アドバンス イカダ 82-140 Amazon ¥11,000
リール:シマノ チヌマチック Amazon ¥7,400

 今年もよろしくお願いします。

なんとか新年一発目の記事を書くことが出来ました。まだ釣りシーズンオフなワタクシ電車とスイカさんですが、今年もゆるーく続けていきますので、また見に来てやってくださませー(^^)

淀駅(競馬場)の前の停車駅が「クズ派(楠葉)」ってのはなかなかシニカル。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする