【ボーズも】2018年度ラスト チヌ釣りは天国で苦戦【覚悟したよ】

もう2月も中旬ですが、あけましておめでとうございます。
2018年も2017年同様、釣行が少なかったんで、ブログからも疎遠になってたんです。

さて。2018年にもラストとなる釣行がありました。いったい、どんな感じだったのか?
これはいくらチヌ釣り天国と言えども、自然が相手、常に爆釣の釣り場なんてありませんよ、という記録である。(プロジェクトX風)

スポンサーリンク

ヒラメを狙ってる場合じゃなかったぞ!の巻

イワシをベースに後ろに出した竿の飲ませ釣りで釣ったヒラメ。でもチヌが釣れん!

年の最後を締めくくると言えば、あの場所しかありません。くっそ遠いけど高知は須崎。
約束された安堵「幸丸」さん。毎年、大阪から4時間かけて楽しみに行く釣り場です。

いくたび、いい目ばっかり見せてもらう大好きな釣り場なのですが、この日はちょっと様子が違いました。サバやイワシなど回遊魚の活性は高いのですが、肝心のチヌさんの反応が今ひとつ。おなじみのペレット団子をボソボソと突く感じはあるのですが・・・

真剣にボーズを覚悟しかかった頃・・・

やっと一枚目。タイムスタンプはなんと11時35分。幸丸さん最遅記録!

だいたい7時には釣りを開始していますから、4時間30分もチヌさんの顔が見れなかったのでした!他の釣り場だったら当たり前の話なんですけどね・・・

「常時爆釣」のイメージしかない幸丸さんでこの展開は、マジで焦りました。餌はやっぱり練り餌。スイカさんは未だボーズ・・・。やっば。


衝撃の納竿。

なんとか2枚目。底から1ヒロぐらい浮いてる展開でした。これは40センチぐらいあったかな。

そうこうしてるうちに時間だけが過ぎ、隣のカセに乗ってたやたらとガタイのいい中学生は備え付けのガスコンロを活かして、なんと飯ごう炊飯を始め、缶詰と白米を満喫。ガスが無くなるんじゃねぇか?と昼飯がまだだった我々を一気に不安に陥れ・・・

2018年、納竿~

僕が追加したキビレを入れて、合計3枚で終わっちゃいましたー ><

まあさすがに12月でしたし、そういうこともありますよねぇ。スイカさんは痛恨のボーズ。他の釣り師も結構ボーズの方がいたみたいです。いつもいつも天国モードなわけじゃないということを勉強させてもらいましたー 2019リベンジしまっせ。

ちなみに幸丸さん、海上釣堀を新規設置されてまして、賑わっていました。あの浦ノ内湾で釣り堀とは超贅沢ですね。マタイ、ハマチ、シマアジ、イシガキダイなどなど。ぜひ行ってみて下さい (^^)

2018年 夫婦チヌ釣り対決スコア

電車:7枚(今回3)。スイカさん:3枚(今回3)。※ チヌ釣行回数:3回。

今年はワタクシ電車が去年の雪辱を果たしました、とさ。てか3回だけってちょっと少ないよね・・・。

何遍も書いてますが、ここのチヌはホンマに旨い。ヒラメより旨かった。マダイ用養殖餌育ち、さ!