【約束された】「安定の幸丸さん」の美味しいチヌで今年納竿【安堵】

衝撃ですよ。今年のチヌ釣り、たったの2回。一体どうしたってんだい!なにもかも、去年から始めたゴルフ。あいつのせいです。ゴルフが全部悪いんですよ。

スポンサーリンク

やっぱりチヌ釣りも楽しかった!の巻

これこれ。このロケーション。目の前は真鯛の養殖イケス。ってことはメイン餌は?

っていうか、今年の10月は週末になると嫌がらせのように悪天候で、釣りどころじゃなかったですよね?渡船屋さんの売上もだいぶ悪かったんじゃないでしょうか?

さて、ゴルフにハマってしまった、チヌ釣りバカのワタクシ電車とスイカさん。今年は2回しか釣行しておらず(2回とも鳴門・堂浦)、そうこうしているうちに11月。例年なら納竿のシーズンがやって来てしまいました。

・・・となると、行くところはもうあそこしかありません。僕が勝手に「約束された安堵」と呼んでいる釣り場。「釣れすぎる」釣りイカダ・カセの幸丸さん。あそこなら必ず、ハズレなく楽しませてくれることでしょう!

釣れたけど、例年よりは難しかった!

スイカさん、1枚目の37センチ。釣れた時間が7時15分頃と、いつもより遅め。

とは言っても、スタートから1時間以内に釣れるんだから、やっぱり最高の釣り場です。一方、去年に続いてスイカさんに先制を許したワタクシ電車ですが、調子はイマイチ。合わせに成功するも、バラシがあったりして、スイカさんに終始リードを許す展開に。

ゴルフも面白いですが、この合わせる瞬間とか、水面近くに上がってくる銀鱗の姿を見るはやっぱり楽しいですね。

戦力の逐次投入」はもっとも忌むべきことだぞ!

ドーナツを食いつつ不振にあえぐ。「どーもこの穂先、柔らかすぎるんだよなー。ヤフオク送りかなー。」

この日の(というか、若船頭さん曰く、この日までずっとらしいですが)当たり餌は練り餌。「マルキュー食い渋りイエロー」。去年はコーンで超いい目を見たので、今年はすっかり油断して、練り餌は二人で1.5枚しかなく、残り餌を気にしながら釣るという苦しいパターン。

でもケチケチして使っても、兵法上タブーの「戦力の逐次投入」になっちゃいますので、そこは割り切って、なくなったら納竿、ぐらいの気持ちに切り替えました。

オキアミ+コーン とかでももちろん釣れましたが、反応の良さでは断然練り餌、でした。イケス前な釣り場では正攻法と言える餌ですね。釣行される方はたんまり持っておきましょう。そう言えば「ちぬ倶楽部」で、山本太郎さんがここ幸丸さんに来られたときも、何種類も練り餌を用意されてましたねー。あれですよあれ。

ビッグワンはスイカさんの42センチ。

上手く合わせたと思っても、あげる途中の針ハズレが結構ありました(3回ぐらい)。堂浦仕様の3号針は小さすぎたんだと思います。ここはチヌのサイズは大体40センチ前後なので、5号とかでも余裕だと思います。ご参考まで・・・。

2017年、納竿!(たぶん・・・。)

と、いうことで。2017年のチヌ釣りがあっという間に終わってしまいました。今年の結果は・・・

 2017年 夫婦チヌ釣り対決スコア

電車:8枚(今回7)。スイカさん:13枚(今回11)。※ チヌ釣行回数:3回。

スイカ氏、10年目にして枚数バトル初勝利。おめでとうございました。

帰りしに若船頭さんと話したのですが、どうやら僕らはいっつもいい時に当たるみたいで、さすがの幸丸さんも悪い時はあるみたいです。そりゃ自然が相手ですもんね(笑)。よく考えると当然ですね!でも、また行きますよ!だって「約束された安堵」だもの。

やっぱりここのチヌは旨い。〆て二日目のほうが甘みが充実しますのでオススメ。