ルーミー車中泊用ベッドキット【ベスト・ベッド・キット】

全国4人の「ツリしゅみ」ファンの皆様、こんにちは。

秋の交通安全運動2019。相方のスイカさんが立て続けに切符を切られて免停リーチ・マイケルなもんで、運転の役割がやたら増えて困っているツリしゅみ管理人の電車です。

前回、チラッと存在を匂わせていましたあるもの。とうとうゲットしましたぁぁぁ!

スポンサーリンク

最速セットアップ&快適寝心地で爆釣必至!の巻

キングサイズとまではいきませんが。1000CCの車とは思えないでしょう?寝てる野郎の身長は178センチ。

愛車ルーミーさんを「ザ・車中泊仕様」にするべくコツコツ頑張っているワタクシ電車、「トヨタ ルーミーで車中泊完全ガイド パート1 ベッドキット編」で、ジェームスというパーツ屋さんのルーミー(・タンク・トール)専用ベッドキットを入手・紹介しました。

あれはあれで悪くはない製品だったんですけど、構造上、備え付けたままにしておくが不可能なのと、常に積んでおくには重さがありすぎる(=燃費が気になるので下ろす→毎回積み下ろしが必要)、という不満がありました。

ある日、仕事をサボってネットサーフィンをしていたところ、衝撃の商品を見つけちゃいまして↓

佐賀県は鳥栖市。軽キャンピングカーやベッドキットの製造をされておられる、OKワゴンさんの「タンク・ルーミー・トール・ジャスティ専用ベッドキット」

物欲だけは一人前のワタクシです。洗濯乾燥機の故障にも怯むことなく、すかさずベッドキット買い替えを検討。見積もりのとき、値引きのご提案もいただけてトントン調子に発注!出来上がりが楽しみな夏を過ごして・・・

届きましたー

ルーミーのベッドキット@2セット目?

決め手の一つ、広いマット下格納スペース。ロッドケースが入るねー(^^)

いくらなんでも、すでに持っているベッドキットに変えてもう一つ、同じ車種用のを買おうと思うなんて、我ながらクレイジーです。何がワタクシをそうさせたのでしょうか?

  1. 備え付けたままの運用が可能。
  2. 合皮のカラーを選ぶことが出来る。黒だけじゃなく赤青緑いろいろ。
  3. 多彩なシートアレンジ。
  4. ベッド下部のスペースがかなり広そう。
  5. 専門のビルダーさんの商品だけに車中泊のノウハウ込みの出来を期待できそう。

こんなところでしょうか。

ワクワクしながら届いた商品を開梱してみますと。仕上がりは期待通り。木のパーツはそれこそ家具のようにしっかりしていて、美しい。マットは革張りのソファみたいな手触り。頑丈でありつつ、重すぎず。これなら常時設置可能です。

多彩なシートアレンジ。「一人旅即寝モード」可能。

1-0 配置。通称一人旅モード。これ出来るのは我が家初。

企業秘密の構造あり!ということでして、組み立て手順は割愛させていただきますが、なんせ一瞬でセット出来て、らくらくです。

I師匠謹製のラクティス用ベッドキットジェームス製のルーミーベッドキット、そしてOKワゴンさんのベッドキット。我が家では3台目(3代目?)のベッドキットですが、現地での組み立て時間は今回のが間違いなく最速です。2分ぐらいできます。こりゃええわ。

広さは十分。二人でしっかり眠ることが出来ます。さすがに八村塁が二人とかだときついと思いますが、平均的な体型の人であれば、二人プラス釣り道具はOK。

そして。シートアレンジ。

  • 1-0配置。運転席。「一人旅モード」。
  • 2-0配置。運転席と助手席。「釣り前日 車中泊スタンバイモード」(=通常時。)
  • 1-1配置。運転席と運転席後部座席。「病人搬送モード」助手席側は縦に一人寝れます。
  • 2-1配置。運転席と助手席と運転席後部座席だけ。「来客モード」。

これらが簡単に切り替え出来ます。たまの来客とかで3人乗りにしないといけないケース、初代のラクティス用のだとマット上に忍者座りをしてもらわないといけなかったんですが(おまわりさんに見つかったら多分捕まってました)、これは普通に合法に、座席に座ってもらえます。

あと、椅子を外すとか一切しないので、車検の時もこのままいけますよ。

キャディバッグ2個、格納したまま寝ちゃいます。

写真では1つ載せただけですが。これでゴルフ前日車中泊+日の出スループレイもらくらく出来るねー

できるだろうな、とは踏んでいたのですが、実際に出来るのがわかるのとやっぱ嬉しい。マット下のスペースには、キャディバッグが2つ格納可能です!これで、兵庫の奥の方の安いゴルフ場へ、前日車中泊で行っちゃえる?

シートを倒してその上に敷くタイプの、よくあるいわゆる「車中泊マット」、あれだとこうはいきません。寝てる間、キャディバッグどこにおくねん?って話になるんです。そんなん知ってました?

ちょうど気候も良くなってきたし、まずは鳴門でハマチをいわして、高知でチヌをいわして、ゴルフもして・・・仕事がまったく進みません!

実践編。二人で朝までぐっすり。ヨガマットを使うとさらに寝心地アップ。

最終的にはなんやかんや雑然となるのが車中泊あるある(笑)枕はいつものやつを持っていくと◎

ルーミー車中泊仕様、完成♪

去年は大阪でも大きめの地震がありました。タンカーが走錨するぐらいの台風も来ました。もはや自然の人類への逆襲としか思えないぐらい、災害が当たり前の地球になっています。北海道では本来とれないブリが爆釣なんですよね?

その地球で、もし避難生活しないといけないシチュエーションに陥った時、このルーミー車中泊専用ベッドキットが役に立つんだろうなー、なんて思ったりもしてます。そっち系では出番ないほうがいいんですけどね。地震も台風も来ないでね。

OKワゴンさん。全国発送してくれます。

ということで、大満足のベッドキットを届けてくださった、OKワゴンさん。サイトを拝見しますと、目玉焼きまで焼ける強力バッテリー搭載のお一人さま車中泊用キャンピングカーとか、楽しそうな作品が目白押しです。

うちは大阪なんで佐川急便さんが汗だくで届けてくれましたが、九州の人は車を直接持ち込んだりもされてますね。大阪や奈良から持ち込む強者もおられるようです!

一度ご覧になられて、色々と夢を膨らませてもらって、一気に発注、ぜひ貴方専用の秘密基地をゲットしてください。「軽キャンピングカー・ベッドキットのOKワゴンさん」。

ルーミー・タンク・トール・ジャスティ用ベッドキットの作品例はこちら。 見たら欲しくなりますよ(笑)

では、よい車中泊ライフを!

近所に捨ててあったキャディバッグから出てきた手袋など。おっさん、引退したな?